春を迎えて一句「ひょいとトラベルへルパーと家からでるわたしかよ」

啓蟄も過ぎ虫たちが土の中から這い出してくる時期です。
「分け入っても 分け入っても 青い山」で教科書にも載っている種田山頭火。
「ひょいと穴からとかげかよ」と、ユニークな句も詠んでいます。
父は生前こたつから出る時「ひょいとこたつから出るおじいかよ」と笑っていたこと、思い出します。
冬ごもりから出てくる虫をみるとこの句がふと頭にうかび
「ひょいと穴から出るありんごかよ」とか「ひょいと穴からでるかえるかよ」とか口から出て、
一人笑っていましたが、今年は亡父の思い出も加わりました。
さあ、みなさん「ひょいとトラベルへルパーと家からでるわたしかよ」と、楽しい外出しませんか。
沈丁花も香りだしましたし、春、本格的にはじまってますよ。


関連記事

  1. ご本人が行きたいところは「どこへでも喜んでー!」とご一緒するのがトラベ…

  2. 春にむけてトラベルヘルパーと「恋風」の準備してみてはいかがでしょうか

  3. トラベルヘルパーのリレーエッセイ【トラベルヘルパーショッキング】好評い…

  4. お客様から「この書類の多さが信頼につながっている」とおほめのお声をいた…

  5. 「トラベルヘルパー親孝行利用術」

  6. あ・える倶楽部のお客様もトラベルヘルパーも青虫。そのココロは?