90101篠塚皆さまは、「介護旅行」、「トラベルヘルパー(外出支援専門員)」という言葉を聞いたことがありますか。
まだ耳慣れない言葉かもしれませんが、トラベルヘルパーとは、介護の技術と旅の知識を持つバリアフリー旅行のプロです。
そのトラベルヘルパーが同行する特別な旅を「介護旅行」といい、私どもの母体となった(株)SPI あ・える倶楽部では、この「介護旅行」を20年以上前から続けております。

トラベルヘルパーをご利用いただく方の目的は、単に「お楽しみのため」だけでなく、大切な思い出の場所を訪れることやもう一度ふるさとの山々を見たいという希望、お墓参りや結婚式の出席など「生きがいのための外出」、さらに親孝行や家族旅行など親しい人との「絆を深める」旅です。
その多くが自分仕様の旅や外出であり、その方のお身体やご希望にあった移動手段、宿泊先をそろえて提案しております。

トラベルヘルパーと一緒に旅や外出を楽しまれたご家族の様子は、トラベルヘルパーマガジンで紹介しております。お客様、ご家族様、そしてご一緒させていただいたトラベルヘルパーの笑顔が、みんなみんな輝いています。

近年、介護旅行を仕事にしたいという事業会社や地域で活躍する方が急速に増えてきました。
東伊豆のように介護旅行の受け入れ地として名乗りを上げる地域も増えてきました。さらに被災地支援でも熱心な山形県の最上町をはじめ、鴨川町、富士河口湖町でも、介護旅行のまちづくりは人づくりからとして、熱心な市民が取り組みを始めています。トラベルヘルパーは、健康や生活を維持するための外出だけでなく、東日本大震災支援では「緊急事態や災害時の移動」などで活動の場は多岐に及んでおります。

介護旅行を仕事とする人(着地型トラベルヘルパー)がもっと地方に増え、こうした地域と地域、人と人をつなぐ交通事業者との協力体制が整えば、障がいを持つ人の外出と同じようにトラベルヘルパーと一緒なら気軽に高齢な人も外出できるようになり、高齢者社会の広がりが見えてきます。

年に二回のご旅行を楽しまれている高齢なお客様は、「一年のうち360日をベッドの上で過ごせるのは、トラベルヘルパーと行く5日間の旅の事を毎日思いながら過ごせるからだ」とおっしゃる方もいます。
 旅や外出がもたらす健康は、QOL(人生の質)の向上とともに計り知れない期待があります。昨今の周辺環境の変化は、そこに気づく旅仲間が増えていくということであり、旅の仕事を志した私たちにとっては、この上ない喜びだと感じています。

どうぞ、この機会にトラベルヘルパーの活動をご記憶ください。よろしくお願い致します。

(株)SPIあ・える倶楽部 代表
篠塚 恭一