ご自分を、大切な人を、守りながら、新しい暮らしで、
安心安全な外出や旅を
トラベルヘルパーがお手伝いします

明るく希望をもって、
自分を守り大切な人を守りながら、
お出かけしましょう

最新の「にこにこ新聞98号」 
テーマは「上を向いて歩こう」
「上を向いて歩こう」をみんなで口ずさんで
希望をつないでいきましょう

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのトラベルヘルパーご利用に際するお客様へのお願い

いつもあ・える倶楽部をご利用いただき、誠にありがとうございます。

あ・える倶楽部では以下の基本的な考え方のもと、お客様とともに常に衛生的で清潔な環境つくりを心がけ、安心いただけるトラベルヘルパーサービスを提供します。
ご利用のお客様、ご家族におかれましても、新型コロナウイルス感染症拡大防止とより安心・安全な環境作りのため、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

●安心・安全への取り組み●
外出時のさまざまなシーンにおいて、衛生的で清潔な環境で外出していただけるよう細心の注意を払います。
お客様ご自身でも消毒・除菌をしていただける環境を配慮します。

お客様の安全・安心のため徹底した感染拡大防止対応を行います。
お客様に安心してサービスを受けていただくため、トラベルヘルパー、関係機関協力者は、マスクやフェイスガードなどを着用します。
外出時、周りの方と安全な距離を保っていただけるよう、トラベルヘルパーが配慮します。

●トラベルヘルパーご利用に際するお客様へのお願い●
1. ご利用前に、必ずご自身の健康状態の確認をお願いします。(健康観察表のご記入をお願いしています)
2. トラベルヘルパー、関係機関による検温実施にご協力をお願いします。
3. 外出中は、マスクを必ずご着用ください。
なお、マスクの着用に同意いただけないお客様で、発熱や体調がすぐれない場合などは、ご利用をお断りすることがございます。
※マスクの着用に関しては、幼児または着用が困難な理由のあるお客様を除きます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、安心、安全にご利用いただくためお客様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

あ・える倶楽部とは?

介護旅行を始めて27年という安心の実績。私たちの「トラベルヘルパーサービス」にかける想いと私たちが目指すホスピタリティについて

ご利用の流れ・料金について

どうやって相談したらよいの?初めてのお問い合わせから、コーディネータがご相談内容をお伺いし、トラベルヘルパーが同行する流れについてのご案内

安心・安全の理由

トラベルヘルパーが外出支援専門員として安心安全な理由

トラベルヘルパーサービスのご案内動画

あ・える倶楽部お客様とトラベルヘルパーの笑顔の手作りかべ新聞「にこにこ新聞」はコチラ
もうすぐ100号です!

元気とエールを届けます
【トラベルヘルパーコラム】

お客様に「元気」「エール」を送りたい!少しでも明るく過ごしていただきたい!
と、考えた結果できあがったトラベルヘルパーのコラム集です。
少しずつ次のお出かけへの希望が見え始めた今の参考にもなる内容だと思います。
是非お読みください。

元気を届けるコラム

トラベルヘルパーは「介護」+「外出」のエキスパート
トラベルヘルパーは、外出先での介助、移動中の介助、宿泊先での介助等、外での全般的な介助を訓練された
旅の知識を学んだプロのエスコートサービスマンです。

介助スキルはサービスの一つにすぎません。
私たちトラベルヘルパーは、
お客様に礼儀正しく敬意を払いながら、
自分もお客様と一緒に心地よく時間を共有しながら、
ホスピタリティーと上品なユニークさで、
お客様の考えていることを上手に受け止めて、
お客様の感激や感動を一緒に感じることができる、
うれしい安全なサービスを提供します。

トラベルヘルパーリレーエッセイ【トラベルヘルパーショッキング】はこちら
NHK認知症キャンペーン「認知症になってもイキイキと暮らす~旅・アート~」
トラベルヘルパーの紹介動画はこちら


温泉エッセイスト山崎まゆみさんとフリーアナウンサーの町亞聖さんもトラベルヘルパーを応援して下さっています
【お客様のふともらした金言集】
旅の始まりは「本当に行けるの?」、、旅の終わりは「また行きましょう!」

様々なメディアで紹介してもらっています。

画像をクリックすると年度別に詳細ごらんいただけます。↓

≪トピックス≫
2011年11月24日放送 カンブリア宮殿(テレビ東京) 「年を取っても旅したい!不可能を可能にする、高齢化時代の旅行のプロ」
NHK 認知症ともに新しい時代へ 認知症になってもいきいきと暮らす 旅・アート

2018年
【新聞・雑誌等】
●1802 日刊ゲンダイDIGITAL[語り部の経営者たち」で、シリーズ掲載されました。
介護旅行、トラベルヘルパーサービスを始めたきっかけから、2020年東京オリンピックパラリンピックにかける想いまで。じっくりとお読みください。
●1802 季刊「観光とまちづくり」WINTER号にトラベルヘルパー掲載されました
●1801 地域活動の応援誌「のんびる」2月号特集「お医者さんだけではできないこと」の中で、
「病気を抱える人の旅もトラベルヘルパーがお手伝い」と題して、あ・える倶楽部を紹介していただきました。●1802 50代からの旅と暮らし発見マガジン「ノジュール」「ホスピタリティあふれるバリアフリーの温泉宿」の記事で、温泉エッセイスト山崎まゆみさんが、トラベルヘルパーを紹介してくださいました。


あ・える家サロン for ケアラーズ@世田谷

【あ・える家サロン】for ケアラーズ??
何ですか、ソレ?

詳しくはこちら

トラベルヘルパーになりませんか

トラベルヘルパーの資格を活かして
あ・える倶楽部で働きませんか

働きたい方はこちら

法人の方のご相談はこちらから

トラベルヘルパーを法人で導入したい方へ
業務提携・事業化支援・福利厚生

法人の方のご相談はこちらから