トラベルヘルパーショッキング21 神奈川岡安さん「トラベルヘルパーやってて良かったー」

岡安千絵と申します。
この度公私ともにお世話になっている大先輩、尊敬する廣中さんからバトンを頂きました。

・自己紹介
日本中が悲しみ混乱に陥っていた2011年3月にTH資格を取得しました。

「世間が混乱に陥っている最中の試験は迷いましたが、こんな時だからこそ日本を元気に、次世代が必要とするトラベルヘルパーを生み出す」

インストラクターとして、後輩の指導にも力を注いでいます

この会社の言葉に心動かされ、今まで7年間トラベルヘルパーとして活動してきました。

さかのぼる事、高校時代、修学旅行で持病を持った同級生が発作を起こしパニックだった時に、添乗員がスーパーマンのように駆けつけ、冷たいタオル、先生へ連絡、テキパキとした行動に魅せられ
「いつか絶対にスーパーマン添乗員になる!!!」と志したのが最初です。

その後 旅行会社へ就職、そして夢が叶い海外添乗員として17年間勤めてきました。
日数で3.000日超えてます。
転機が訪れたのは9年前、夫が突然くも膜下出血で倒れ入院。
幸いにも命は取りとめ今は社会復帰しております。
しかし「今後3年は再発可能性大、注意深く見守って下さい」との医師の言葉で海外添乗員を退職。
その当時、母の看病や97才になる祖母の事も重なり介護資格を取得後、特別養護老人ホームへ就職。

その3年後、夫がある週刊誌でトラベルヘルパーの事を知り
「千絵ちゃんにピッタリの仕事があるよ」と聞かされたのがトラベルヘルパーでした。

あれから7年、今日に至るまで多くのお客様と出会い貴重な経験をさせて頂きました。
今は今年要介護2の認定を受けた独居の父をもち、改めてお客様、ご 家族の気持ちに寄り添うことができ、
私自身も父の介護に日々奮闘しております。
神奈川県茅ケ崎市と千葉県南房総市を月に2回往復しています。

台湾が大好きな父、毎年2回は親子で訪れていましたが、最後の旅行は昨年の6月・・・

父よ、リハビリ頑張って、「もう一度台湾!!」が親子の目標です。


・ペット自慢

我が家には「三匹の法則」がありネコがいつも三匹です。

左からタンポポ、ジジ、ギンちゃん

皆保護ネコ、迷いネコ。
1匹が亡くなると不思議とまた出会います。
夫曰く「見つけてくる」と言いますが、本当に偶然に出会うのです・・・
私も不思議です。
今は結婚するまで過ごした千葉県袖ケ浦市の「袖ヶ浦公園」でネコボランティアをしています。
このボランティア団体に出会うまでは可哀そうという気持ちで、むやみに野良猫へエサを与えていましたが、
結果悲しい運命をたどる子猫が多く生まれてしまう・・・
餌を与える以上責任を持つ、去勢手術を行う、意識が変わりました。
皆様も機会があったら是非立ち寄ってください。
春夏秋冬お花、樹木がとても綺麗です。
今はクリスマスイルミネーションも素晴らしい、多目的トイレ有、フラット、 車いす可能です。
近隣では毎年1月から3月までいちご狩りが出来、マザー牧場も近く、アクアライン経由でお勧め。
あっ、園内ではネコも可愛がってね。

・今まで出会ったお客様へ


感謝の気持ちでいっぱいです。


お出かけが増すごとに表情が豊かになる、


笑顔が増える、


お出かけ距離が長くなる、

オーロラを見にノルウェーへ

海外旅行を見据える、

念願のウイーン学友協会黄金の間で聴くクラッシックとスイス鉄道の旅

そして何と言ってもご家族の笑顔が増える、

 


私にとって一番の幸せ!!

「トラベルヘルパーやってて良かったー」と思える瞬間です。

心からお礼申し上げます。

2019年あ・える倶楽部カレンダーでは、カナダ・アメリカに行かれたお客様と一緒の写真で登場しています。

さて次回は運転上手、笑顔がとても素敵、入浴介助など任せて安全安心、
小田原在住の川口千尋トラベルヘルパーにバトンを繋ぎます。

トラベルヘルパーマガジンで「岡安」と検索すると、
今までの旅行やお出かけの記事がたくさん出てきますので、
是非ご覧ください!


関連記事

  1. トラベルヘルパーショッキング14 神奈川の古矢さん「一期一会」老いも若…

  2. 旅行業界専門誌 週刊トラベルジャーナルで紹介された岡安トラベルヘルパー…

  3. トラベルヘルパーショッキング10 大阪のトラベルヘルパー壽浅さん ライ…

  4. トラベルヘルパーショッキング18 千葉の大味さん「お客様との出会いは一…

  5. 大塚トラベルヘルパーは、お母様が難病を患ったことがきっかけで介護の世界…

  6. トラベルヘルパーショッキング20 神奈川廣中さん「トラベルヘルパーとし…