思い出に残るトラベルヘルパー業務 トラベルヘルパー宮澤こずえ

私の一番心に残っているトラベルヘルパーサービスは、娘様がご両親(お母様が車いす)の故郷である山形への里帰りを計画されそれに同行させていただいた時の旅行です。

「日本の温かい家族」15年ぶりのふるさと再会旅行。

ご両親は開拓者として北海道旭川へ渡りそこで苦労しながら自然の力を使って広大な山を牧場に変えた方々です。

旭川から山形への直行便が無いので私は羽田空港の到着ゲートでお客様をお迎えしました。

15年ぶりの故郷での3日間はそれぞれのご親戚の御宅を廻り、
涙々で御仏壇をお参りし、たくさんの方々と昔話に花を咲かせ、


それはそれは充実した忙しい時間でした。

お父様の弟様(東京在住)は写真撮影がご趣味で、
お兄様の里帰りに合わせて近くの公民館を借りて牧場の写真展を開催してくださいました。

お母様のご実家では歓迎会を開いて下さり、仙台からお姉様ご家族も駆けつけて涙の再会を果たし、

里帰りを聞きつけた小学校の同級生達もいらっしゃいました。

本当にたくさんの方がご家族を心からお迎えくださり、精一杯のおもてなしをしてくださいました。

どこのお宅もバリアだらけでしたが、
そんなことはちっとも苦にならない程のお心遣いと思いやりに溢れていました。

私にとっては古き良き時代の日本を見せて頂いたような感じでした。

尊敬できるご家族とご一緒でき、とても心暖まる素敵な忘れられない3日間になりました。

お別れする時に「私絶対にS牧場に行きます!」と手を振りましたが、
その思いがかなって先日他のお客様をS牧場にお連れすることができました。

諦めていたあこがれの北海道旅行の実現。あ・える倶楽部の九州のお客様と北海道のお客様がご対面!

S様もお客様も喜んで下さり、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

これからも人と人との出会いを大切に
お客様の心に寄り添えるようなトラベルヘルパーになれるよう頑張ります。


関連記事

  1. 私がトラベルヘルパーになったわけ 辻野和代

  2. 『私がトラベルヘルパーになったわけ、そしてこれから』大岡孝夫

  3. 思い出に残るトラベルヘルパー業務 坂本久美子

  4. 『一般ツアーコンダクター経験者として、トラベルヘルパー業務を行って感じ…

  5. 『小さな旅』 トラベルヘルパー古矢一岳

  6. 『わたしがトラベルヘルパーになったわけ、そしてこれから・・・』秋永明子…