「クレナイだーーーーっ!」で、元気がでるのはこういう理由だからなのか!?

紫陽花が街を彩る季節を迎えています。
青、紫、ピンク、、、といろんな色を楽しめる紫陽花もいいですが、
この時期、黄色い花を咲かせる紅花も美しい色の変身を遂げる花ですね。
紅花の花の色、黄色なのになぜ紅花というのか不思議でしたが、
花を摘んですぐに水にさらして乾燥させることを何度も繰り返すと鮮やかな紅色になるからだそうです。
太陽の恵みである「陽」、暗闇で光と安らぎをもたらす「火」、身体の中を流れる命の根源である「血」、みんな紅赤色です。
「クレナイだーーーーっ!」で、元気がでるのはこういう理由だからなのか、と、納得するのは私だけでしょうか。
(すみません、マニアックな問いかけでした)
美しく濃い紅色は神聖な色なのですね。

美しい燃えるような夕日も紅ですね。

アイキャッチ画像:黄金から紅に刻一刻と変化する夕暮れ時を見つめるお客様。


関連記事

  1. にこにこ新聞Vol.92が出来上がりました

  2. 関越自動車道のサービスエリア・パーキングエリアのバリアフリー調査してき…

  3. 【くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2018】ポスターセッション…

  4. 遠い高知から届いた温かい贈り物

  5. トラベルヘルパーサロンchachaあ・えるは「トラベルヘルパーとして第…

  6. 東日本大震災から7年。当時の資料を見返したら、、やっぱりトラベルへルパ…