「クレナイだーーーーっ!」で、元気がでるのはこういう理由だからなのか!?

紫陽花が街を彩る季節を迎えています。
青、紫、ピンク、、、といろんな色を楽しめる紫陽花もいいですが、
この時期、黄色い花を咲かせる紅花も美しい色の変身を遂げる花ですね。
紅花の花の色、黄色なのになぜ紅花というのか不思議でしたが、
花を摘んですぐに水にさらして乾燥させることを何度も繰り返すと鮮やかな紅色になるからだそうです。
太陽の恵みである「陽」、暗闇で光と安らぎをもたらす「火」、身体の中を流れる命の根源である「血」、みんな紅赤色です。
「クレナイだーーーーっ!」で、元気がでるのはこういう理由だからなのか、と、納得するのは私だけでしょうか。
(すみません、マニアックな問いかけでした)
美しく濃い紅色は神聖な色なのですね。

美しい燃えるような夕日も紅ですね。

アイキャッチ画像:黄金から紅に刻一刻と変化する夕暮れ時を見つめるお客様。


関連記事

  1. 力作ぞろいのボールペン画。旅の思い出をすてきに残していらっしゃるお客様…

  2. \本日13時より、ビリーバンバンさん、徹子の部屋に出演されます/

  3. 東京の大雪とかけてトラベルヘルパーはフキノトウととく、そのココロは?

  4. “年を重ねた経験と若さが絶妙のハーモニーを奏でるとすごいパ…

  5. にこにこ新聞102号「もう一度旅する日に向かって号」が出来上がりました…

  6. お客様から「この書類の多さが信頼につながっている」とおほめのお声をいた…