「すべての人にやさしい車両を目指して」〜小田急電鉄のバリアフリー〜日本鉄道車両機械技術協会様協会誌記事内で紹介いただきました

昨年7月、
川口トラベルヘルパー、曽場トラベルヘルパー、八木トラベルヘルパーが、
小田急線喜多見基地内見学、ロマンスカーVSE50000に乗車して
トラベルヘルパー目線で車内設備について、
介助方法についてのディスカッションの場に参加しました。

トラベルヘルパーの小田急ロマンスカーVSE見学@喜多見基地

 

その時の内容を、

一般社団法人 日本鉄道車両機械技術協会様協会誌
R&M ROLLING STOCK & MACHINERY 6月号内で、

「すべての人にやさしい車両を目指して」〜小田急電鉄のバリアフリー〜と題して、
小田急電鉄株式会社 交通サービス事業本部 運転車両部 車両担当 上杉大樹様 渡辺智惟様 が、記事にして下さいました。

詳細はこちら

ありがとうございました。

小田急電鉄の皆様の車両設計の進化の努力と一緒に、
私たちトラベルヘルパーも、お客様の声を届けながら、
よりやさしい社会になるようお役に立ちたいと思いました。


関連記事

  1. 企業訪問してくれた高校生から届いた手紙がうれしいです

  2. 今は明るく我慢の時です

  3. 若本功祐(大阪府)トラベルヘルパー紹介

  4. アクセシブルツーリズム推進シンポジウムに参加しました。

  5. お礼のメール「とてもご親切なご対応をしていただきありがとうございました…

  6. YouTubeチャンネル「Biz9」「行きたいところに行く」トラベルヘ…