にこにこ新聞101号「夢や希望を語れる未来を迎えに行こう号」が出来上がりました

今年は、コロナウイルスで、世界中の人がたくさん泣いて不安や絶望を味わいました。
すっかり夢や希望を持ちにくくなりました。
皆が皆、下ばかり向いていた気がします。

「希望」を持つことは、私たちが生きていく上で必要なものだということにも改めて気づきました。

百年に一度と言われているパンデミックのトンネルの出口がまだ見えない状況ですが、
ハッピーエンドには、日毎、近づいているはずです。

このような状況の中、安全と安心を万全に、トラベルヘルパーと外出されたお客様の事例を紹介します。

皆さまのご様子を見て、「私ももうちょっとがんばってみようかしら。」と、
勇気と希望を持っていただけましたら、うれしいです。


胸を張って、夢や希望を語れる未来を一緒に迎えにいきましょう。


関連記事

  1. 遠い高知から届いた温かい贈り物

  2. トラベルヘルパーとテーマパークを楽しまれたお客様のご紹介です。寒さを感…

  3. トラベルヘルパーは隣に住んでいる児玉さんで!顔見知りのお隣さんからご指…

  4. 外国から日本を訪れる車いすご利用の観光客の方のお手伝いをする機会が増え…

  5. 2月1日、世界150ヵ国向けに放送されているNHKWORLD番組でトラ…

  6. 東京新聞に山崎まゆみさん連載中の<ようこそ!バリアフリー温泉>の8月3…