「俺の家の話」第一話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」

「俺の家の話」第一話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」
観たよとたくさんの方からご連絡頂きました。
ありがとうございます!
家族の介護、親の認知症、それはどこの家族にも突然なんですよね。

状況はリアルだけど、こんなにポップで笑えるドラマなる。

寿一がだんだん髪を切っていく場面、これは覚悟の証。

初めて父親をお風呂に入れる時、
プロレスラーで筋肉モリモリなのに歯を食いしばって父親を抱え、

「なんでおれなんだよー風呂ぐらい一人ではいれねーのかよ」と泣く。

「介護に感情を入れないで下さい」という謎のヘルパーに「息子だからできねんだよーチキショー」とその場から逃げる。

なんともいえない表情の父。

寿三郎が能の台詞は言えるのに野菜の名前が出てこない、と、けいこ場で車いすで一人たたずむ後ろ姿の背中。。。

泣けました。

初めての介護に向き合った家族の動揺、
自分は介護になった、認知症なのか、と動揺する親、

同じ状況の下、それぞれが感じる「動揺」が違うんですよね。

そしてお金のこと。

その中で、想いが交錯して人間模様が繰り広げられる。

自分の親は元気とどこかで思い込んでいた時に「自分の親の死ぬんだ」という現実をつきつけられた時家族はどうなるのか。

こんなにリアルなテーマなのに、ふぉふぉっと笑えて、ほろっと泣けるシーンが温かい。

もしかしてとてもシリアスな状況だと思っているのは当事者だけで他から見たらこんな感じに映るのかしら、だとしたら明るくとらえたほうがいいのかな、と。

これからの展開が楽しみです。

こういうシビアな状況に直面した家族に、

旅がどのようはなチカラを発揮するのかが描かれたらうれしいな、と、思います。

見逃した方も観られます。
ちょっと脱力しながら観るといいですよー

関連記事

  1. トラベルヘルパーサロンchachaあ・えるは「トラベルヘルパーとして第…

  2. 東京の大雪とかけてトラベルヘルパーはフキノトウととく、そのココロは?

  3. ビリーバンバンの全国ツアーにトラベルヘルパーがお手伝いさせていただいて…

  4. ビリー・バンバンさん50周年記念コンサートに行ってきました。

  5. トラベルヘルパーが「トラベルヘルパー説明会」に伺いました。

  6. 太陽、ひまわり、トラベルヘルパー、共通していることは「輝いてること」