そっと心に寄り添ったトラベルヘルパーサービス 闘病13年お孫様と初めての遠出

介護の日々を詠んだ「介護短歌」、ごぞんじでしょか。
http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/tanka/

【介護する方、介護される方が日々の生活の中で感じているつらさ、悲しさ、怒り、笑い、そして優しさを詠んだこの「介護短歌」は、回を重ねるごとに大きな感動を呼び、全国から多くの短歌が番組に寄せられるようになりました。】
(上記NHK番組HPより)

募集された介護短歌の中から100首を選ぶ「NHK介護百人一首」に入選され、
ハートネットTV 「NHK介護百人一首」公開収録に参加されるご家族からトラベルヘルパーのご依頼を受けました。

お出かけの様子はコチラから
愛知から渋谷NHKで開催される介護百人一首の収録現場へ お孫ちゃんとは闘病後初めてのお出かけ

今回ご利用下さるお客様の作品を読んだ、堀場コーディネーターと篠田トラベルヘルパーが以下のようなメールのやり取りをしていました。

コーディネーター堀場さん
「普段から遠慮されているご様子が(短歌から)うかがえます。当日もご遠慮されるかもしれませんが、そっと心に寄り添ったトラベルヘルパーサービスをどうぞ宜しくお願いいたします。」

トラベルヘルパー篠田さん
「そっと寄り添うサービス、そうですね。心に響きます。ありがとうございます。」

二人のやさしいやりとりが当日のサービスに活きたことでしょう。

そして、無事NHKホールへのお出かけを終え、篠田トラベルヘルパーのレポートの一部をご紹介。

闘病13年となるそうですが、お孫様との遠出は初めての事だそうです。本当に嬉しそうでした。
このお出掛けがご本人様にとっても、ご家族様にとっても良い自信となって頂けたら嬉しいです。

「トラベルヘルパー短歌」をトラベルヘルパーから募集したら、きっと感動の作品がたくさん出てくるだろうな、と、思います。

全文はこちらからご覧ください。
愛知から渋谷NHKで開催される介護百人一首の収録現場へ お孫ちゃんとは闘病後初めてのお出かけ

是非、「NHK介護百人一首」お読みください。
http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/tanka/index.html


関連記事

  1. 朝一番のスタミナ源はお客様からのメール

  2. 「ページ繰る指の自由を奪われし我は小声でめくるを頼む」お客様の句とその…

  3. 外国から日本を訪れる車いすご利用の観光客の方のお手伝いをする機会が増え…

  4. 平成の時代にありがとうと感謝を告げ、 新しい令和の時代の幕開けを心穏や…

  5. トラベルヘルパーは隣に住んでいる児玉さんで!顔見知りのお隣さんからご指…

  6. ご夫婦は45年ぶりの思い出を振り、 ご子息は観光食事ショッピングを楽し…