今年は猛暑を避けるお出かけ、 トラベルヘルパーと美術館巡りや人気レストランで涼しくグルメ、、等が人気でした

オフィス前の樹木でセミが大合唱しています。

オフィス網戸にとまっているセミ君

セミは、日本では、地上に出ると短い期間で死んでいくので「もののあわれ」というイメージですが、
中国では、生き返り、復活のシンボル、
ヨーロッパやアメリカでは、幸運の象徴としてブローチやお守りなどラッキーアイテムで親しまれているそうです。

そういえば、日本でもセミの抜け殻は縁起がいいっていわれていますよね。

セミの声が風流な風物詩として聞こえるのは、日本人ならではの情緒だそうですが、
夏の風物詩、花火、祭り、屋形船、海、山、空、花など絶景を求めて、
今年もたくさんの方がトラベルヘルパーとお出かけしました。

今年はとにかく暑かったので、猛暑を避けるお出かけ、
美術館巡りや人気レストランで涼しくグルメ、、等、ご提案させていただくことが多かったです。

まだまだ猛暑が続いていますが、少しでも涼やかに過ごす工夫をしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 東京新聞に山崎まゆみさん連載中の<ようこそ!バリアフリー温泉>の8月3…

  2. 平成の時代にありがとうと感謝を告げ、 新しい令和の時代の幕開けを心穏や…

  3. 秋から全国コンサートをトラベルヘルパーがお手伝いしている「ビリー・バン…

  4. 台風19号。お客様からのファックスに改めて思う。感謝と反省。

  5. 【あ・える倶楽部絆大使】亀山様

  6. 朝一番のスタミナ源はお客様からのメール