人生の一大事でも安心して「トラベルヘルパーならまかせられる」と言っていただけるように

風が透きとおり、天が高く感じられるこのごろです。
どのような秋をお過ごしでしょうか。

あ・える倶楽部では、
余命宣告されたご本人が人生最後の夢をかなえる覚悟の旅や、
生き別れていたお母様に会いにいく人生最大の希望を叶える旅、
などなどパーソナルかつプライベートなご要望のお手伝いが増えてまいりました。

人生の先輩であるご高齢の方からはいぶし銀的な人生哲学をいつも学ばせていただいてます。
みなさま、生き方の先生です。

人生の一大事でも安心して「トラベルヘルパーならまかせられる」と、
いつでもだれでもどこででも、安心してにこにこうれしい時間を叶えていただけるよう、
うれしい時間を持っていただけるように、
チームトラベルヘルパーとして明るく努めていこう、と、

高い空を見上げて思う今日この頃です。


関連記事

  1. 「俺の家の話」第一話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」

  2. にこにこ新聞102号「もう一度旅する日に向かって号」が出来上がりました…

  3. ご本人が行きたいところは「どこへでも喜んでー!」とご一緒するのがトラベ…

  4. あけましておめでとうございます

  5. あ・える通信2月号「1度は泊まってみたい東伊豆!!号」

  6. 暑中お見舞い申し上げます。すこし不便を意識するだけでも自然にやさしくな…