トラベルヘルパーショッキング20 神奈川廣中さん「トラベルヘルパーとして13年、たくさんの素晴らしいトラベルヘルパー仲間が誕生しました」

優しく、温かく、きめ細かな心配りが出来るトラベルヘルパーの坂本さんからバトンを渡されました。

坂本さんの素晴らしい文章の後で、気後れもありましたが、なんでもOKということなので、
自分のことを書くことにしました。

手元に1枚の写真があります。
SPIあ・える倶楽部のコーディネーター堀場さんの結婚式。

幸せあふれるお二人の周りを笑顔で取り囲む沢山のトラベルヘルパーたちの華やかな1枚です。
撮影はトラベルヘルパーの古矢氏。
見るたびに感慨深く、嬉しい思いに心が満たされます。

 

****************************

あれから何年の月日が流れたのでしょうか。

15年前のことになります。

旅行系の専門学校に、日本で初めて、お体の不自由な方、高齢な方の旅行をサポートする人材を育成する、
ユニバーサルツーリズムバリアフリー学科が出来ることを知り、興味を持ち、入学を希望しました。
ところが、学校側からは、卒業するときに私の年齢が55歳ということで、
就職の確約が出来ないから、と入学を断られてしまいました。
諦めきれないでいるときに、新設の学部長として専門学校に招かれた、当時、バリアフリー旅行の草分け的存在の小野先生の「バリアフリーを学びたいというのに学校にバリアがあってはならない」との一声で入学が許されました。
小野先生は、現在、あ・える倶楽部の品質保証担当としてご活躍されています。

研修で訪れたフィレンツェで

クラスメート達とは35歳の差はありましたが、現在のトラベルヘルパーとしての基礎を学んだ有意義で貴重な2年間でした。

JRを利用しての車いす移動介助の授業の時には、
巣鴨の駅長さんから、「他のお客様のご迷惑になるから・・・」とやんわりと注意を受けたこともありました。
その時も小野先生が
「学生たちは、卒業後は、JRをはじめ鉄道関係や旅行会社に就職します。これからの世の中には、この様な授業が必要なのです。ご協力をお願いします」
と力説され、その後のJRでは協力して頂けるようになったことも今となっては懐かしい思い出です。

2年生になり就職活動が本格化してきた時、新聞であ・える倶楽部の篠塚代表の記事に出会い、
この会社に入りたいと、電話で年齢制限はあるかどうかをお聞きしたところ、
年齢で区切るようなことはない。試験を受けてくださいとの嬉しい言葉がありました。
就職試験を受け、無事合格。
55歳の新入社員としてあえる倶楽部で働くことになりました。

新入社員時代の廣中さん

その後、トラベルヘルパーとして13年、
お陰様で旅行教室を含めると約170件ほどの業務に就かせて頂きました。

その一つ一つにドラマがあり、思い出があります。

お客様であるその方の人生の機微に触れることで学びがあり、得るものが沢山あります。

一つの仕事が無事終了した時の安堵感、充足感はトラベルヘルパーならではのものではないでしょうか。

トラベルヘルパーの紹介動画にも出演しています
NHK認知症キャンペーン「認知症になってもイキイキと暮らす~旅・アート~」

ふるさと富山へ。お墓参り、30年ぶりに妹様との再会、ご友人との懐かしい楽しい時間、充実の5日間。
水着を買いにデパートへ!「これなら長く着られそうだわ」97歳お客様は海水浴が今の最大のお楽しみ。
150回目の記念すべきお出かけ日和は、あ・える倶楽部へ!
思い出の地米子へ。ご主人の写真とともに。心の旅へ。
阪急交通社様ツアーにトラベルヘルパーとお客様が参加されました。
170人の団体旅行に4人のトラベルヘルパーがご一緒しました
娘様とご一緒に帝国ホテルバイキングランチ。母娘の久しぶりのお出かけにトラベルヘルパーがご一緒しました。
トラベルヘルパーと認知症の方のブルガリア旅行。
世界のアキバ「メイドカフェ」トラベルヘルパーとお出かけ日和。

この15年間、世の中もかなりの変化がありました。
バリアフリーという言葉はそこかしこで見られるようになり、
それに伴い環境も人にやさしくなり、車いすで街に出かける人も多く見られるようになりました。

介護旅行、トラベルヘルパーもテレビ、新聞等のメディアで取り上げられました。

色々な道のりを経て、この結婚式の写真のようにたくさんの素晴らしいトラベルヘルパーの仲間たちが誕生しました。

トラベルヘルパーショッキングには様々な介護旅行の様子が笑顔いっぱいの写真と共に見られるようになりました。
皆様の記事を、共感したり、感動したり・ みんな頑張っているなぁと嬉しく楽しく読ませて頂いています。

これから日本では、オリンピック、パラリンピックそれに加えて大阪万博と国際的なイベントが続きます。

トラベルヘルパーの力を必要とされる方が増えてくることでしょう。

皆様の活躍がこのトラベルヘルパーショッキングで拝見出来ることを楽しみにしています。

次回は、お任せして安心、特に海外旅行はエキスパート、
明るく華やかな岡安トラベルヘルパーにバトンを渡します。

左から、廣中トラベルヘルパー、戸塚トラベルヘルパー、岡安トラベルヘルパー

 


関連記事

  1. トラベルヘルパーショッキング25 青森 齋藤祐子さん 地域情報をブログ…

  2. トラベルヘルパーショッキング15 愛知の井戸さん「行きたかった外出が自…

  3. トラベルヘルパーショッキング17 千葉の島田さん「出会えたご縁を大切に…

  4. トラベルヘルパーショッキング22 神奈川 川口さん「皆様の笑顔に逢いた…

  5. トラベルヘルパーショッキング27 静岡 横山美鈴 ワクワク♡ ドキドキ…

  6. トラベルヘルパーショッキング19 東京坂本さん【輝く笑顔が嬉しくて・・…